元「ほっしゃん。」、引退あっさり撤回 「構ってちゃん」かよ

印刷

   「ほっしゃん。」の芸名でも活躍したお笑いタレントの星田英利さん(45)が、2016年12月6日早朝にSNSへ寄せた「引退発言」を、わずか半日で撤回する「ドタバタ劇」を巻き起こした。

   星田さんは当初、自身の芸能界引退について「夏から会社と相談」していた、などと綴っていた。それがなぜ、投稿から1日もたたずに「引退撤回」に至ったのか。J-CASTニュースは、騒動の裏側を所属事務所に聞いた。

  • 星田さんはわずか半日で「引退発言」を撤回した(画像はインスタグラムより)
    星田さんはわずか半日で「引退発言」を撤回した(画像はインスタグラムより)

「いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと...」

   星田さんは6日早朝、自身のインスタグラムに、

「引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います」

などと投稿。その上で、「今やってる仕事は、3月までやから、それは絶対、手ぇ抜かんと死ぬ気でやるから」として、年度内の仕事を終えた上での「芸能界引退」を示唆していた。

   こうした投稿を受け、ファンからは「寂しくなります」「悲しいんだけど...」といった温かいコメントが殺到。さらに、星田さんの投稿では、引退を考えた理由について一切の説明がなかったため、

「需要はあると思うが、どうして?健康面かな。心配」
「理由がないからこそ心配になっちゃう」
「引退理由を言わないから、デリケートな問題なんだろ」

などと健康面などを心配する書き込みもネット上に相次いでいた。

   こうした状況の中、星田さんは6日夜に「引退」に言及した投稿を突然削除。その後、20時過ぎになってインスタグラムを再び更新し、

「心配かけてすみません。いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと思います。ひたむきに頑張ります」

と「引退発言」を撤回する投稿を寄せた。

事務所「正式な相談は受けていない」

   いったい、わずか半日で撤回された星田さんの「引退発言」とは何だったのか。所属事務所の「よしもとクリエィティブ・エージェンシー」の担当者は、7日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「そもそも、事務所としては『引退』の話は一切聞いていませんでした。本人が担当マネージャーに『もうやめたい』などと話すことはあったと聞いていますが、あくまで愚痴のようなもので、正式な相談は受けたことがありません」

と説明する。

   担当者の説明によると、星田さんがインスタグラムに引退を示唆する投稿を寄せた後、事務所側は6日中に本人と面談を行っていた。その場で、事務所関係者が改めて意思を確認したところ、星田さんが「(芸人を)続けたい」と話したという。

   なお、半日と経たずして引退発言を撤回した星田さんに対し、ツイッターなどには、

「良かったよ!頑張って下さい」

と安堵し応援する声が出る一方、

「引退ってそんな軽いもんなんだぁ」
「とりあえず、インスタを引退した方がいい」

との厳しい声も相次いでいる。さらには、「構ってちゃん、かよ」とあきれる人の書き込みも多く、中には、「これはかまってしゃん。」というあだ名を付けて揶揄する声も複数出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中