孫正義、トランプ氏と会談 5兆7000億の投資と5万人の雇用創出を約束

印刷

   ドナルド・トランプ次期米大統領は2016年12月7日未明(日本時間)にソフトバンクグループの孫正義社長と会談した。トランプ氏は会談後にツイッターを更新し、孫氏がアメリカに500億ドル(約5兆円7000億円)の投資と5万人の雇用を生み出すと約束したと伝えた。

   11月の大統領選以来、トランプ氏と日本企業の経営者との会談が公になるのは初めて。トランプ氏は、孫氏が「トランプ氏が選挙に勝たなければこんなことは決してしなかった」と言ったとも伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中