盗撮された仮面ライダーの妻 その時の「中がよく映る」服装とは

印刷

   2002年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダー龍騎」(テレビ朝日系)で仮面ライダーナイト役を演じた俳優の松田悟志さん(37)が16年12月8日、妻の盗撮をした男を取り押さえたとツイッターで報告した。

「僕は一切の打撃を加えることなく取り押さえました」

   各メディアの報道などによると、松田さんは7日、妻のスカートの中をスマートフォンで撮影して逃走した京都府の会社員男性(35)を取り押さえ、京都府警に引き渡した。松田さんは8日にツイッターを更新し、

「京都の宇治警察署のみなさまのご尽力により、妻も僕も怪我なく、事は無事収まりました」

と報告。取り押さえた時の状況について、

「新聞等で『痴漢にライダーキック!』というような切り口で書いてくださっているものがあるようですが、僕は一切の打撃を加えることなく取り押さえましたので、容疑者も僕も多少の擦り傷はありますがほぼ無傷です」

と説明した。警察は「一般人による逮捕権の行使」として調書を取ったという。松田さんは女性に向けて、

「盗撮された当時、妻は足首辺りまであるワンピースを着ていました。『これで撮るか!?』というような格好です。ただ、ニットワンピは光を通すようで長くても中がよく映るそうです。お気をつけください。」

と呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中