小林麻央「喉の奥の焼けたような痛み」 25日間放射線治療が「終了」

印刷

   フリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が、乳がんの放射線治療が「終了!」したとブログで報告した。

   治療は25日間に渡ったそうで、期間中の「喉の奥の焼けたような痛み」などにも触れた上で、放射線治療が終わったことで「安堵しています」と率直な思いを吐露している。

  • 放射線治療が終了したことを報告
    放射線治療が終了したことを報告

「不安が消せない1か月でした」

   麻央さんは2016年12月7日夕、ブログで

「平日毎日通った/放射線治療が、今日で終了しました」

と告げた。先生からは「25日間、乗り切りましたね!」と声をかけられたそうだ。

   治療期間中の様子については、

「身体の不調が重なり/胸、脇、鎖骨リンパ、首の半分あたりまで/放射線をかけましたが、/私の場合、喉の奥の焼けたような痛み、だるさ、背中と胸の圧迫感から息苦しさがあり」

と描写、「不安が消せない1か月でした」と振り返った。それだけに

「今、治療が終了し、安堵しています」

と、ほっとしている様子だ。

   さらに

「これから、どうするのか。考えなくてはいけません」
「が、考えすぎている暇は、ありません」

と、あくまで前を向く姿勢を示している。最後は、長女の遊ぶ声に「しみじみ」している場面を描いて締めくくっている。

姉、麻耶「よく頑張ったーーー!!!」

   ブログにある「平日毎日」「25日間」から逆算すると、放射線治療の開始は、11月のはじめ頃のようだ。11月には、30日あるうち20日はブログを更新している(1日複数回の日もあり)が、放射線治療に直接言及している回は見当たらない。ただ、11月10日更新ブログには、

「新しいアプローチ」

とのタイトルで、「今日は新しいクリニックに行ってみました」「今まで挑戦しなかった分野の身体へのアプローチを試してみようと思います」と報告している。11月10日から、今回更新の12月7日までは、日曜(4回)を除くと、24日間となり、「25日間」の記載とほぼ一致する。

   麻央さんは、10月1日に「先日、手術を受けることができました」と明かした。10月18日には、抗がん剤を「お休み」していると報告。11月10日に、先に触れた「新しいアプローチ」に触れ、以降も「薬とサプリの服薬を中止してみることに」(11月30日)、「温浴療法を始めてみたり」(12月3日)、「呼吸法の本を拝読していて、ヒントを頂きました」(12月4日)と、新しい動きを紹介している。

   今回の「放射線治療終了」の報告には、姉の麻耶さんも8日のブログで「終わって良かった」「よく頑張ったーーー!!!」「よく乗り切ったーーー!!!」とエールを送っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中