「7人の侍」自民除名で小池知事は離党するのか 橋下氏「あとは新党へまっしぐら」

印刷

   2016年夏の東京都知事選で自民党の方針に反して小池百合子知事を支援した区議7人、いわゆる「7人の侍」の除名処分が決まったことで、自民党と小池氏側の溝がさらに深まることになりそうだ。

   日本維新の会などの「外野」からは、小池知事は離党すべきだという声や、「あとは新党へまっしぐら」といった声が相次いでいる。

  • 小池百合子知事の自民党離党はあるのか
    小池百合子知事の自民党離党はあるのか

萩生田氏、7人は「配慮を聞く耳を持たずに...」

   7人をめぐっては、自民党東京都連が9月16日に、10月30日までに離党しなければ除名とする「離党勧告処分」を下していたが、処分の先送りが続いていた。都連の下村博文会長は11月、処分を見直す前提として「身上書」の提出を求めていたが、期限の12月5日までに提出がなかったため、12月6日の都連幹部会で除名を決めた。

   都連で総務会長を務めている萩生田光一内閣官房副長官は12月7日午前の会見で、

「東京都連において、それぞれの区議と個別事情を勘案して身上書の提出を求めるなど、この間、丁寧に手続きを進めてきたにもかかわらず、7区議会議員側がそうした配慮を聞く耳を持たずに、このような結論に至ったという報告を受けているところ」

と突き放した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中