2018年 7月 21日 (土)

キリンが「絶滅危惧種」入り 30年で4割近く減少

印刷

   国際自然保護連合(IUCN、本部・スイス)が2016年12月8日に公開した世界の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)の最新版で、キリンが絶滅危惧種に追加された。

   レッドリストは絶滅の恐れがある動植物を記載したもので、毎年数回改訂されている。IUCNによると、人口増加、環境破壊や密猟の影響でアフリカに生息するキリンは個体数が過去30年で約4割減った。これを受けてIUCNはキリンを3ランクある絶滅危惧種のうち一番下の「絶滅の危険が増大している種」に追加し、保護の強化を呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中