小池知事が除名「7人の侍」に言及 新党を占う、その言い回し

印刷

   東京都の小池百合子知事は2016年12月9日の定例会見で、夏の都知事選で自民党の方針に反して小池氏を応援した都議7人、いわゆる「7人の侍」を除名にした東京都連の判断について、「判断されるのは都民ではないか」と述べた。

   圧倒的な支持率を背景に、17年夏の都議選を控える自民党をけん制するともとれる発言だ。小池氏が自発的に離党すべきだ、との声が出ていることについては「私自身が決めること」と述べるにとどめ、態度を明らかにしなかった。

  • 東京都の小池百合子知事は「離党論」について「私自身が決める」と述べた(写真は2016年8月撮影)
    東京都の小池百合子知事は「離党論」について「私自身が決める」と述べた(写真は2016年8月撮影)

都連の処分の経緯は「推して知るべし」

   小池氏は、舛添要一・前知事が都知事選立候補前の10年、新党結成を理由に除名処分を受けたことを引き合いに、

「除名された方が、東京都連は都知事として推薦し、そして勝利を収めた。そういったことを考えると、都連の決定というのがどういうものなのかというのは、今回色々と都連の皆様方も御苦労なさったと思うが、それを見ていると、どういうものかなぁ、と思う。ですから、そこから推して知るべしではないかと思う」

などと説明、一度は党を除名された人でも都連から推薦を受けられるケースがあることを指摘した。

   「推して知るべし」の意味を問われると、

「処分のあり方が正しかったかどうなのかは、今、都連の皆様が改めてお考えになることであり、私がそれに対してどうこう申し上げることはないと思っている。そういったことについては、ご判断されるのは都民ではないか」
「その判断をどう受け止めるか、今度は都連の問題、課題ではないか」

などと話した。都連の一連の対応で、自民党の支持率が下がることを指摘したともとれるが、再び舛添氏の例を引き合いに

「言葉遣いは色々あると思うが、とても臨機応変な対応をなさると思う」

とも話し、都連の軌道修正に対する期待感もにじませた。

「7人の侍」は「精一杯サポートして参りたい」

 

   除名された7人については、

「本当に私を支えてくれた大切な仲間。今後、彼らの区議会議員としての活動に支障が出ないように、私は精一杯サポートして参りたい」

などとして引き続き行動を共にする考え。

   7人の除名をめぐっては、橋下徹・前大阪市長が12月7日に

「こうなれば大将である小池さんも自民党を離党する大義ができた。というよりも離党しなければ仲間だけが自民党を追い出され、この原因の張本人が自民党に留まるというおかしな話になる」

とツイートするなど、小池氏の「離党論」も相次いだ。この点については、小池氏は

「私がどうするのか、こうするかというのは、私自身が決めること」

と述べるにとどめた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中