駆けつけ警護、実施可能に 南スーダンPKO

印刷

   国際平和維持活動(PKO)で南スーダンに派遣される自衛隊の部隊は、2016年12月12日6時(日本時間)から、安全保障関連法に基づく新任務「駆けつけ警護」と「宿営地の共同防衛」が実施可能になった。

   11日にこれまで現地で活動していた第10次隊から新任務が付与された第11次隊に指揮権が移り、本格的な運用が始まった。第11次隊は第9師団を中心とする約350人編成で、順次現地入りしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中