トランプ氏、初の記者会見を年明けに延期 閣僚人事に専念

印刷

   ドナルド・トランプ次期米大統領が、2016年12月15日(米東部時間)にニューヨークで予定していた大統領選後初となる記者会見を年明け以降に延期することになった。米メディアが報じた。

   トランプ氏は11月30日にツイッターで、記者会見を開いてビジネスから離れて大統領職に専念することを説明すると表明していた。会見延期の理由はトランプ氏が現在行っている閣僚人事の人選に専念するためとみられる。

   トランプ氏は12月13日にツイッターで、息子のエリック氏、トランプ・ジュニア氏らがビジネスを引き継ぐ方針を明らかにし「私の任期中に新しい取引は行われない」としていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中