マリオ偽装「不正アプリ」が世界拡散 「スーパーマリオ ラン」人気に便乗

印刷

   超ヒットが予想されている任天堂のスマートフォン向けゲームアプリ「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオ ラン)」のリリースが2016年12月15日に迫り、世界中のファンが心待ちにしている。

   そんな中、インターネットセキュリティーのトレンドマイクロが12月9日、この人気に便乗し9000件もの「Mario」を偽装した不正・迷惑アプリが世界中に出回っていて、中には悪質なアプリをインストールさせる誘導手段に使っているものもある、と注意を呼びかけた。

  • 超ヒットが予想されている「スーパーマリオラン」(任天堂HPより)
    超ヒットが予想されている「スーパーマリオラン」(任天堂HPより)

ゲームが起動せず迷惑アプリのインストールを誘導する

 

   トレンドマイクロの「セキュリティーブログ」によれば、同社は2012年から2016年11月までにタイトルに「Mario」を冠するアプリを 9000件以上入手し解析している。これは世界的なマリオ人気の中で任天堂が「正規版」を出していないことに目を付けたもので、なんと9000件のうち約 6000件は悪質なものであり、インドネシアやインドを中心に検出された。

   何が悪質なのかといえば、インストールしてもゲームが起動しないばかりか、不要なアプリのインストールを誘導する手段に使っている。広告をクリックすればアダルトサイトや偽のセキュリティ警告を頻発する不正サイトに誘導される、といったものもある。「正規の方法では入手できないゲーム」などとし、不正・迷惑アプリを頒布する手口は常とう手段だと注意を呼びかけた。

「ポケモンGO!」に匹敵する超ヒットが予想されている

 

   なお、12月15日からリリースが開始される「スーパーマリオ ラン」は、世界中で大ヒットしている「スーパーマリオ」シリーズで、初めてスマートデバイス向けに開発されたゲームで、「アイフォン」や「アイパッド」といったiOS搭載の機種で動く。「片手であそぶ、新しいマリオ」を謳い文句にし、マリオは画面上を自動的に進み、プレイヤーは画面をタップしてジャンプさせたり、方向を変えたりしてゴールを目指す。アプリのダウンロードは無料で、お試しでゲームの一部が遊べるが、基本的には「買い取り型」のゲームで、1200円払えば以降の追加料金はかからない。「ポケモンGO」に匹敵する超ヒットが予想され、発売後1か月で80億円を売り上げるというメディアの予想も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中