年金制度改革法が成立

印刷

   年金制度改革法が2016年12月14日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。21年度から実施される。

   新制度では、現役世代の賃金が下がれば、仮に物価は上がっていても年金支給額が減らされる。また、中小企業の短時間労働者が、労使合意の上でなら厚生年金に加入できるようになる、などの内容も盛り込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中