米FRB、政策金利を1年ぶり利上げ 17年予想は「年3回」

印刷

   米国の中央銀行にあたる連邦準備理事会(FRB)は2016年12月15日(日本時間)の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げて0.5%~0.75%にすることを全会一致で決めた。雇用が堅調に増加し、物価上昇率が目標の2%に近づいていることなどが理由で、15年12月以来約1年ぶりの利上げとなる。

   同時に公表された政策金利見通しによると、FOMC委員の間で17年の利上げは「3回」が適切とみる想定が多数派になり、利上げペースが加速する見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中