すかいらーく、深夜営業を約8割縮小 外食産業の営業時間短縮進む

印刷

   ファミリーレストラン最大手のすかいらーくは、深夜営業店舗を大幅に縮小すると2016年12月15日に発表した。

   早朝5時まで営業を行っている987店舗のうち、約8割にあたる750店舗を原則深夜2時閉店にする。17年の4月1日までに対象店舗で対応を完了する予定。

   外食産業では営業時間を短縮する動きが広がっており、ファミリーレストランのロイヤルホストは17年1月までに24時間営業を完全廃止すると発表し、ファストフードのマクドナルドでも24時間営業店舗の縮小が進んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中