桂歌丸、肺炎で入院 福岡でのイベント休演

印刷

   落語家の桂歌丸さん(80)が肺炎のため入院し、2016年12月18日に北九州市で予定されていたイベントを休演する。イベントを主催するピクニック(福岡市)が12月15日に発表した。

   イベントは歌丸さんの芸歴65周年を記念したもので、三遊亭円楽さん(66)、三遊亭愛楽さん(47)と出演する予定だった。桂文枝さん(73)が歌丸さんの代演を務める予定。

   各メディアの報道によると、歌丸さんは14日に「息が苦しい」と訴えたため、1週間ほど入院して静養することになったという。歌丸さんは2010年にも肺炎で入院している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中