2018年 10月 20日 (土)

【来年はどうなる?ワンクリック投票企画】
読者が占う2017年...第3弾「村上春樹」「イチロー」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   J-CASTニュースでは年末年始企画として、2016年に起こった出来事の「行方」を読者の皆さんと一緒に考えます。6つのジャンルでワンクリック投票を実施し、集計結果をあらためて記事にします。

   第3弾は「文化」「スポーツ」のジャンルから。作家・村上春樹さんはノーベル賞を受賞するか、イチロー選手は現役を引退するか、2つのホットなテーマについて、意見を聞かせて下さい。


  • 来年も2人から目が離せない
    来年も2人から目が離せない

春樹とイチロー、17年はどうなる

   1. 2016年もノーベル賞受賞を逃した村上さん。代表作『ノルウェイの森』は世界中で読まれ、「ハルキスト」と呼ばれる熱狂的なファンを量産してきました。さらに16年は、イギリスのブックメーカー(賭け屋)が2年ぶりに、村上さんを受賞候補のトップに挙げました。これだけの実績を持ちながら、なぜ受賞できないのか...。一方、当の本人は15年1月、読者との交流サイト「村上さんのところ」(公開終了)で、賞をめぐって毎年騒がれるのは「正直なところ、わりに迷惑」とぼやいていました。村上さんを置いてきぼりにして騒ぐのは少々心苦しいですが、来年こそついに「ある」のか、大予想してみましょう。

   2. 米大リーグ・マーリンズのイチロー選手にとって、今シーズンはまさに「記録づくめ」でした。大リーグ記録を塗り替える日米通算4257安打達成をはじめ、史上30人目となるメジャー通算3000安打を記録するなど、数々の大記録を打ち立てました。ですが、そんなイチロー選手も2017年には44歳を迎えます。本人は「50歳まで現役」の目標を公言しているとはいえ、大きなけがの不安もあり、いつ「限界」が訪れるかは誰にも分かりません。来シーズン終了後、イチロー選手がユニフォームを脱ぐことはあるのでしょうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...