2018年 8月 14日 (火)

銀座ミシュラン店「ブルガリ」で食中毒 49人からノロウイルス検出

印刷

   ミシュラン1つ星の高級飲食店「ブルガリ東京レストラン銀座 イル・リストランテ」(東京都中央区)で食事をした49人が下痢や嘔吐(おうと)といった共通の症状を訴え、東京都は2016年12月20日、これをノロウイルスによる食中毒と断定した。都がウェブサイトで発表した。

   発表によると、原因は同店で12月11日に開かれたパーティーでの食事だった。

138人が参加したパーティーの食事

   11日のパーティーには138人が参加、そのうち6~62歳の男女49人が食中毒症状を起こした。32人が医療機関を受診したが、入院患者は出ていない。

   その後、中央区保健所が調査した結果、患者12人と調理者4人からノロウイルスが検出された。患者が全員同店での11日のパーティー食を食べ、共通の症状がみられたことから、ノロウイルスによる食中毒と断定した。

   保健所は同店に対し、20~22日の3日間、営業停止処分を下した。これに先立ち同店は16日から営業を自粛、ウェブサイトでは「衛生面および安全面に問題がないことを確認できた後に、再開致します」とする謝罪コメントを掲載している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中