2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

電通社長辞任は海外メディアも注目 NYタイムズ、FTが報じた過労死の病理

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   電通の新入社員だった高橋まつりさんが過重労働を苦に自殺した問題はついに、同社の石井直社長が辞任を表明する事態へと発展した。

   その衝撃は大きく、海外メディアも相次ぎ報道。「日本においては長い間、遅くまで残業することは会社に対する忠誠心として受け入れられてきた」などと、日本の「極端な」企業文化を世界に伝えている。

  • 労働問題に揺れる電通(写真は東京都港区の本社ビル)
    労働問題に揺れる電通(写真は東京都港区の本社ビル)

朝日新聞「電通だけの問題ではない」

   電通の石井社長は2016年12月28日夜に会見を開き、同社幹部が労働基準法違反の疑いで書類送検されたことを謝罪、合わせて17年1月の取締役会で社長を辞任すると明かした。

   辞任の理由を、高橋さんの命日である12月25日に遺族に直接謝罪できたからだと述べたうえで、「過重労働は決してあってはならないことで経営を預かる身として慚愧(ざんき)に堪えず、深く責任を感じている」と語った。

   しかし、ツイッターでは

「到底信用出来ない」
「辞めて何になる」
「辞任しても亡くなった方は戻ってこない」

といった厳しい声が噴出。非難の声はおさまっていない。

   国内メディアも批判の手を緩めていない。朝日新聞は会見翌日の29日の社説で「実効性のある再発防止策を実施することが企業としての責務」だと指摘した。

   朝日新聞社が12月に労働基準監督署から長時間労働の是正勧告を受けたことにも触れながら、「電通だけの問題ではない」「従業員を大切にすることは、政府に迫られてではなく、企業が自主的に取り組むべき課題」と主張した。

「多くの日本企業に浸透してきた極端な職場倫理」

   海外の主要メディアも、電通問題を「過労死」に関連づけて紹介している。英フィナンシャルタイムズ電子版は12月28日付け記事に

「高橋さんの死と石井氏の辞任は、『カロウシ(karoshi=過労死)』として知られる現象、すなわち過剰な労働により命を失うことに関しての国民的な議論に火をつけた」

と書いた。

   米ニューヨークタイムズ電子版は同日付け記事で、「カロウシ」という言葉は1980年代から広く使われるようになったと振り返り、「日本においては長い間、遅くまで残業することは会社に対する忠誠心として受け入れられてきた。使用者側はこれに、雇用の安定という形で報いた」と伝えた。

   また、米ウオールストリートジャーナル電子版の同日付け記事は、長時間労働を「多くの日本企業に浸透してきた極端な職場倫理」だとしたうえで、電通問題をきっかけにそれを抑えるための議論が再燃したと指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中