朝日新聞にSMAP応援広告が8ページ ファンから集まった「資金」総額は?

印刷

   2016年12月31日をもって解散するSMAPのファンが、クラウドファンディング(CF)企画「SMAP大応援プロジェクト~新聞メッセージ・どうか届きますように~」で有志を募り、30日付朝日新聞朝刊に8ページのメッセージ付き広告を掲載した。

   朝日新聞の30日付(ウェブ版)記事「SMAPへの思いを新聞広告に ファン1万3千人が出資」によると、朝日新聞が運営するCFサイト「A‐port」で呼びかけたところ、1万3000人を超える支援者から約4000万円の資金を調達したという。

   広告で発したメッセージは、「いつもたくさんの愛と勇気をくれたSMAPへ」「一人ひとりにできることはわずかでも、集まれば大きな力になることを実感しました。この想いがどうか届きますように」など。見開き3面に支援者の氏名が掲載され、片面2ページも加え計8ページの構成となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中