仏女子留学生不明で「遺体なき」殺人手配 仏検察「十分な証拠ある」

印刷

   フランス東部ブザンソンの大学に留学中の筑波大3年、黒崎愛海さん(21)が行方不明になっていることについて、仏検察は2017年1月3日、チリ人の男を殺人容疑で国際手配した。「遺体は見つかっていないが、捜査の結果、殺人事件と判断するのに十分な証拠がある」と説明した。地元メディアなどが報じた。

   男は黒崎さんの元交際相手で、16年12月4日夜にそろって学生尞に戻ったことが確認されている。その後、黒崎さんは行方が分からなくなっている。

  • 行方不明になっている黒崎愛海さん(本人のFacebookより)
    行方不明になっている黒崎愛海さん(本人のFacebookより)

「自殺や自発的な失踪をした可能性は排除された」

   地元メディアなどによると、仏検察は3日(日本時間4日未明)の記者会見で殺人事件として捜査を開始したと明らかにした。黒崎さんが自殺や自発的な失踪をした可能性は排除されたという。

   仏捜査当局が殺人の疑いで行方を追っているのが、黒崎さんの元交際相手でチリ人の男だ。記者会見では、すでに殺人容疑で国際手配したことも公表した。

   地元紙などによると、黒崎さんと男は12月4日夜にレストランで食事をとり、ともに学生寮に戻った。黒崎さんはその後、行方不明になっている。

   なお、事件との関連は不明だが、5日未明には尞の複数の学生が女性の叫び声を聞いたとの証言や、学生寮の非常口付近では多数の血痕が見つかったとの報道もある。

男の意味深動画「自分のしたことに対する代償を」

   加えて注目を集めているのが、男とみられる人物が16年9月にネット上に投稿していた動画だ。カメラの前で

「彼女は自分がしたことに対する代償を払わなくてはならない」
「9月21日までこの条件を守れたら許す」

などと語るもので、交際をめぐって何らかの問題が起きていたことを示唆していた。

   仏捜査当局は現在、2人の間に交際をめぐるトラブルがあった可能性もあるとみて、チリ当局と協力して捜査を進めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中