ホンダ、「感情エンジン」搭載車を公開 自立できるバイクも

印刷

   ホンダは、米ラスベガスで2017年1月5日~8日まで開催中の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES )2017」で、ライダーが乗っていなくても自立可能な2輪車「Honda Riding Assist」を世界初公開した。

   「Honda Riding Assist」は、ASIMOなどのロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を応用した実験車。低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクが軽減される。

   ホンダはこのほかに、AI技術「感情エンジン」を搭載しドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートを行うコンセプトカー「Honda NeuV」などを出展している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中