米フロリダ州の空港で銃撃 5人死亡、容疑者は軍所属か

印刷

   米フロリダ州のフォートローダーデール空港で2017年1月7日(日本時間)、男が銃を無差別発砲し、5人が死亡、8人が負傷した。容疑者は抵抗することなく拘束された。NHKや米メディアCNN(日本語電子版)など、国内外の主要メディアが報じた。

   銃撃は手荷物を受け取る場所で起きた。単独犯とみられ、動機は現時点で不明。容疑者は米軍の身分証明書を所持していたという。日本人が巻き込まれたという情報は、7日朝の時点で入っていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中