2018年 9月 19日 (水)

長嶺駐韓大使が一時帰国 少女像設置は「極めて遺憾」

印刷

   日本政府は2017年1月9日、長嶺安政駐韓大使を一時帰国させた。韓国・釜山の日本総領事館前に、従軍慰安婦をモチーフにした少女像が設置された事への対抗措置だ。長嶺大使は帰国に先立ちソウルの金浦空港で、少女像設置について「極めて遺憾だ」と述べた。

   森本康敬・釜山総領事も同日、一時帰国した。菅義偉官房長官は6日の記者会見で、2人の一時帰国に加え、

「在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ」
「日韓通貨スワップ取り決めの協議の中断」
「日韓ハイレベル経済協議の延期」

の4項目を対抗措置として示していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中