アリババ会長、トランプ氏との会談で「100万規模の雇用創出」表明

印刷

   ドナルド・トランプ次期米大統領と中国のネット通販会社(EC)最大手のアリババグループの馬雲(ジャック・マー)会長が2017年1月9日(米東部時間)、ニューヨークで会談した。米メディアによると、馬氏は同社のサービスを通じて今後5年間のうちに米国で100万規模の雇用を生み出す計画を発表した。

   馬氏は米国の農作物や衣料品などの商品を中国やアジアに輸出することで、中小規模事業者を支援する案を示したという。

   会談後、記者団の前に現れたトランプ氏は「素晴らしい会談だった」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中