2018年 10月 21日 (日)

【女の相談室】アソコが「ゆるい」といわれショック でも大丈夫!締まりをよくする方法が

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「お風呂に入るとお湯が膣に入ってくる」「空気が出入りする感覚があって、膣からおならが出た!」。子どもを生んだ女性に、こんな悩みを抱える人が多い。

   何より、ゆるんでいてパートナーを満足させられていないのでは、と考えるとつらくなる。でも、安心して! ちゃんと悩みを解決する方法があります。

  • 人には言えない女性の悩み(写真と本文は関係ありません)
    人には言えない女性の悩み(写真と本文は関係ありません)

空気が入って「おなら」が出る恥ずかしさ

   女性のセックスお悩みサイト「LOVECOSME(ラブコスメ)」の2016年4月20日付「膣の締まり、ゆるさ」を見ると、こんなにも切なく生々しい悩みが投稿されていた(要約抜粋)。

「彼とのセックスはとても気持ちがいいのですが、『濡れすぎ! ゆるい!』っていわれちゃいます。私は出産経験が3回あります。最中にだんだんゆるくなるみたいで、膣なら(編集部注:膣のおなら)が出ちゃいます。彼に申し訳ない気持ちになります」

   さらに、「彼は私のヘアゴムを取って」男性器の根元につけるという。「彼は『たちが悪いから』というのですが、やっぱり私がゆるいからするのでしょうか?」

   これに対する回答はこうだった。

「膣がゆるいのは、出産経験や濡れすぎなのが原因かと思います。一番手っ取り早いのはインナーマッスルを鍛えること。鍛えると、濡れていても『締まっている』と感じていただくことができます。膣ならは、私も経験がありますので、挿入前に子宮に力を入れ空気の侵入を防ぐことのみに集中する、ちょっとした工夫で防げますよ」

   また、「Yahoo!知恵袋 膣に関するQ&A」の2012年2月2日付には、出産後2か月の女性からの悩みが投稿されていた(要約抜粋)。

「昨日、産後初めて旦那とエッチしました。ゆるくなっている気がしたので、『ゆるかった?』と聞いたら、『う~ん、若干』と気まずそうに言われました。赤ちゃんの大きな頭が出てきたのだから当たり前と思いながらも、ショックです。人それぞれだと思いますが、男性からの回答も期待します」

   出産経験のある女性と何人かセックスの経験があるという男性は、こう回答した。

「やはり皆さん、かなりゆるくなっています(苦笑)。出産経験がない女性と比べると、違いがハッキリわかります。今日から『締めの体操』を始めてはいかが。膣がゆるいと、男性側の快感は間違いなく減ります。男性を喜ばせるテクニックも身に着ける努力をした方がいいでしょう」

   何ともオトコ目線の実もふたもない回答だが、同じ出産経験のある女性たちのアドバイスは温かいものばかりだった。

「ゆるくもなりますよ。まだ2か月でしょ。私も湯船から立った瞬間、お湯が出てくることも多々ありました。そのうち戻りますよ。少なくともお湯は出てこなくなりました(笑)」
   「『ゆるかった?』と聞けちゃう関係が、仲良しでいいですね。私も夫に聞きましたが、『だんだん戻ってきたよ』と言われました。産後半年くらいかな」
   「私も気になり、過去に(Yahoo!知恵袋に)質問しました。驚くことに『そんなに変わらない』とか『おちんちんでは(ゆるいかどうか)分からない。指を入れると多少分かるぐらい』という回答が多かったですよ」

「おしっこを途中で止める感覚」で締める体操

   というわけで、中に挿入して使う「膣トレグッズ」の広告や、「性器手術」を勧めるクリニックの広告がインターネット上に氾濫しているが、あまり深刻に考えない方がよさそうだ。

   ベストセラー『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』の著者で、女性の支持者が多い産婦人科医の宋美玄さんも、週刊誌「女性セブン」(2011年7月14日号)で、52歳主婦の「4人を出産後、膣がゆるい感じがして夫が不満ではと不安です。尿漏れも気になります」という悩み相談にこう答えている(要約抜粋)。

「膣がゆるいのではという心配ですが、赤ちゃんを生んだ直後でなければ、女性の膣はそれほどゆるいものではありません。旦那さんが何も言っていないなら、気に病まないでいいですよ」
「膣の締まりが気になる女性には、ケーゲル体操(編集部注:骨盤底筋体操)がおすすめ。もともとは尿漏れの治療や産後にゆるくなった膣を元に戻すために開発されたもので、骨盤底筋などの『オーガズム筋』を鍛えるので締まりもよくなります」
   「方法はとても簡単。足を軽く開いて立ち、息を吸いながら膣をまっすぐ上に引き上げるようにして静止します。『おしっこを途中で止めるような感覚』をイメージしてください(でも、本当に用を足している時には膀胱(ぼうこう)炎になるのでせんといてね)。この状態で5秒カウントしてから、力を抜く。これを5回繰り返します。毎日行えば、膣の締め付け具合もある程度コントロールできるようになります」

   ケーゲル体操のさらに詳しいやり方は多くの健康サイトで紹介されている。「快適な排尿をめざす全国ネットの会」のウェブサイトを見ると、宋美玄さんが紹介した基本形以外に、次の方法が載っていた。

(1)仰向けの姿勢で
まず仰向けに寝て、足を肩幅に開き、ひざを立てる。体の力を抜き、おなかの力を抜く。肛門と膣を締め、息を吸いながら肛門、膣を胃のほうに吸い上げるような感じで締める。締めたままゆっくり「1、2、3...」と5つ数え、力を抜く。これを5回行う。次に、肛門、膣を早いテンポで閉めたり緩めたりする。5回を1セットとして1日で5回の運動をする。仰向けはもっともリラックスしやすい姿勢で、朝晩、布団の中でも行なえる。

(2)机にもたれた姿勢で
机のそばに立ち、足を肩幅に開く。手も肩幅に広げ、机につける。その姿勢で体重を全部腕にのせる。背中はまっすぐ伸ばし、頭を上げて前を見る。肩とおなかの力を抜いて、肛門と膣を締める。骨盤底筋の動きをもっとも感じやすい姿勢で、家事仕事の最中に台所のシンクやテーブルを使っても行なえる。

(3)座った姿勢で
床につけた足を肩幅に開き、背中をまっすぐに伸ばし、頭を上げて前を見る。肩の力を抜き、おなかが動かないように、またおなかに力が入らないように気をつけながら、ゆっくりと肛門と膣を締める。バスや電車に乗っている時や家でテレビを見ている時にも行なえる。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...