2018年 10月 23日 (火)

「採りたてと死にたてが一番おいしいの!」 平野レミ、子供向け食べ物アプリの過激

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   料理研究家・平野レミさん監修の子ども向けアプリ「Mrs.remyのタッチフード」が、「料理をdisって(編注:けなして)くれる」ともっぱらの話題だ。

   料理を写真撮影できるカメラ機能。「ハイ!今日の人生ここまで!」「グチャグチャのビチャビチャね!」といった、なんともキレのある平野さんのコメントが手料理に添えられる。

  • キレッキレのコメントを残す平野さん(画像はアプリより)
    キレッキレのコメントを残す平野さん(画像はアプリより)

「グチャグチャのビチャビチャね!」

   「Mrs.remy」は15年にリリース。「食育」をテーマに、食にまつわるさまざまなゲームを通し、子どもに「食の魅力」を伝えるアプリだ。

   注目が集まっているのは、新たに追加された「レミさんカメラ」。17年1月7日にアプリの開発会社から追加発表されたカメラ機能だ。子どもが料理などの写真を撮るためにシャッターを切ると、写真の横から平野さん(実写)が登場し、あらかじめ設定されたキレのあるコメントが出てくる。

   たとえば、

「ハイ!今日の人生ここまで!」
「お腹に入ればおんなじよ!」
「採りたてと死にたてが一番おいしいの!」
「グチャグチャのビチャビチャね!」
「大切なのは中身 外見じゃないの!」
「手抜きは愛情!」

   こうしたコメントが、手料理の横につく。とても子ども向けとは言いづらいあけすけな表現。このギャップ、意外性がまとめサイトなどで話題を集め、

「レミ!それコメントやない、disりや!」
「コメントどれも酷え!」
「キレがあるッつーかキレ過ぎている感」

と多くの反応が寄せられた。

   平野さんの料理といえば、茎ごと茹でたブロッコリーにソースをかけただけのものや、一つのフライパンにすべての具材を一気に突っ込んで作るロールキャベツなど、豪快さ、無軌道さが持ち味だ。今度のアプリも、そんな飾らない平野さんの姿勢がネットユーザーの支持を集めているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...