箱開けたら食べかけクリスマスケーキ セブン-イレブン、店員の私物売る

印刷

   東京都内のセブン-イレブン店舗で食べかけのクリスマスケーキを客に販売していたことが分かった。運営元のセブン&アイでは、店側のミスだとしており、ずさんな管理だったことも認めた。

   食べかけケーキが販売されたのは、江東区内のダイバーシティ東京プラザ店。

  • もし箱を開けると食べかけだったら…(写真は記事とは関係ありません)
    もし箱を開けると食べかけだったら…(写真は記事とは関係ありません)

販売用と同じ冷蔵庫に保管、繁忙期で間違う

   セブン&アイ・ホールディングスの広報センターや店にJ-CASTニュースが取材したところによると、クリスマスイブの2016年12月24日夜、男性客がこの店で「イタリア栗のクリスマスモンブラン」を購入した。定価は2900円だが、このときはセール時間でほぼ半額の1500円になっていた。

   男性がケーキの箱を開けると、なんと半分以上が食べかけの無残なケーキだった。店側にクレームを入れると、店長らが代わりのケーキを持って男性宅を訪れた。店側は、男性に返金するとも話したが、男性は、「原因を究明してほしい」として受け取りを拒んだ。男性は、翌25日にはセブン&アイのお客様相談室にも電話し、26日に調査結果についての連絡を受けた。その後、男性が店に出向いて、店側から説明を受けた。

   しかし、男性は、セブン&アイのクレーム処理に不満があるといい、話し合いが続いているという。情報サイト「探偵ファイル」が、購入した客から情報が寄せられたとして、17年1月17日に報じて明るみになった。

   セブン&アイや店によると、ケーキは店員が定価で買って休憩室で食べ、残りを箱に入れ直して冷蔵庫で保管した。冷蔵庫には、販売用の商品が置かれているが、広い庫内には店員用のスペースも確保されていた。しかし、クリスマスの繁忙期でアルバイトの人数が多くて置き場所に困り、販売用のスペース近くに置いたという。それを店側が販売用のケーキと誤認し、店頭に出してしまったというのだ。

「明らかな管理ミス」

   店によると、店内には、店員用の冷蔵庫を別に用意するスペースはないという。販売するときに箱の中を確認しなかったのは、段ボールの箱で中が見えず、ふたのシールもはがせなかったからだとしている。

   店員がケーキを食べたことについて、ノルマがあったことなどは否定している。

   一方、セブン&アイの広報は、店側の商品管理について、次のように話す。

「自分が食べたものを商品と同じ冷蔵庫に保管していたのは、明らかな管理ミスです。箱の上の部分は開くとラミネートフィルムになっており、ケーキが崩れていないかなどを上から確認できたはずで、店側の知識が足りていなかったのだと考えています」

   店側には、今回のことについて厳重注意し、二度とこのようなことがないように指導したとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中