文科省事務次官が辞任 天下り問題で引責

印刷

   天下りのあっせん問題を受けて、政府は2017年1月20日の閣議で、文部科学省の前川喜平事務次官を退任させることを決めた。後任には戸谷一夫・文部科学審議官が起用される。

   同省の元局長が退職後に早稲田大学へ再就職したことをめぐり、幹部らが組織的に天下りをあっせんしていたことが明らかになった。官僚の天下りのあっせんを禁じた国家公務員法違反にあたり、文科省は前川氏を含む幹部ら7人を懲戒処分とする方針を示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中