稀勢の里、白鵬退け14勝1敗 初優勝に花、横綱昇進確実に

印刷

   大相撲初場所千秋楽が2017年1月22日、東京・両国国技館で行われ、すでに初優勝を決めていた大関・稀勢の里が横綱・白鵬をすくい投げで破り、14勝1敗で終えた。

   日本相撲協会の審判部は、八角理事長(元横綱・北勝海)に稀勢の里の横綱昇進に関する臨時理事会の招集を要請。23日に開かれる横綱審議委員会で承認の答申を得られれば、25日の理事会で第72代横綱・稀勢の里が誕生する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中