岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「ドナルドが好きなの?」5歳の娘がママに聞いた

印刷

   トランプ大統領就任式(2017年1月20日)の前日、ニューヨーク市内に住む友人を訪ねたとき、アパートメントのドアマンに「トランプについてどう思う?」と聞いてみた。彼は自分の右手を広げてみせた。

「この手を見てごらん。5本の指は太さも長さも違う。こうして拳にすると、ずっと強くなるだろ。国もそれと同じだ。アメリカには、文化や価値観の違う移民が必要なんだ。僕はトランプではなく、ヒラリーを支持していた」
  • 大統領就任式の前夜、トランプタワー前でバッジを売る反トランプ派たち
    大統領就任式の前夜、トランプタワー前でバッジを売る反トランプ派たち

メキシコ出身者でもトランプ支持

   すると、そのアパートメントに住む80歳くらいの女性が、会話に加わり、私の耳元でささやいた。

「たった今、5歳くらいの女の子がエレベーターに母親と一緒に乗っていて、こう聞いてたのよ。『ママはドナルドが好きなの?』って。しかも、何度も。こんなに小さな子でもトランプの名前を知ってるのね、と母親に言ったら笑ってたけれど、面白いと思わない?」

   私が「で、あなたは、トランプをどう思う?」と尋ねると、顔をしかめ、「トランプかヒラリーか、その2人のうちから選ばなきゃならないなら、ヒラリーだわね」と答えた。

   もともと、ニューヨーク市はリベラルで、極端に民主党びいきが多い。私の親しい友人たちも、ほとんどが民主党支持者だ。ニューヨークに住んで21年になる友人(53)に、「トランプを支持する友だちはいる?」と聞くと、「僕が知っている限り、ひとりもいないよ」と言う。

   その後、地下鉄のホームで一緒に電車を待っていた女性、ペニー・デイヴィッドソン(69)と立ち話したついでに、トランプについて意見を求めると、眉をひそめた。

「ああ、トランプが大統領だなんて、アメリカの恥だわ。なんて国だと、日本でも思ってるでしょう。明日は就任式なんてテレビで見たくないから、ジムでズンバを踊りまくってるわ」

と苦笑した。

   「ニューヨークでどこに行ったら、トランプ支持者に会えるかしら」と冗談まじりに聞くと、「トランプを支持しているなんて、誰も口に出さないわよ」と首を横に振った。

ニューヨークにいる「隠れトランプ派」

   でも、声をかけてみると、トランプ支持者を見つけるのは、それほど難しくはない。  25年前にメキシコからやってきたアントニオ・ゲーラ(58)がそうだ。

「僕は共和党支持者でも民主党支持者でもない。候補者によるよ。ヒラリーは好きじゃないけれど、どっちか選ばなければならないとしたら、トランプだ。言葉を飾り立てたりせずに、言ってほしいことを包み隠さず、はっきりと言う。政治の経験や知識がないから、これから学ぶべきことは多いし、庶民のこともどれだけ理解できるかわからないけどね」

   地下鉄で民主党支持者の男性と私が立って話していると、その人が電車を降りた時に、目の前に座っていたヒスパニック系の男性、ウエスリー・ニグロンさん(38)が、「君は偏りのない、とてもいい質問をしてたね」と声をかけてきた。彼は警備員で、トランプ支持者だと言った。

「ヒラリーが大統領になっても、現状は変わらない。でもトランプなら、政治の経験はなくても、ビジネスマンとして世界の動きがわかっているし、この国をよくしたいという情熱に偽りはないと思う。彼が偉大な大統領になるかどうかは賭けだが、その可能性は大いにある」

   ただ、トランプ支持者であることを、自分から話すことはないという。

「周りはほとんどが反トランプだから、言い合いになるのは避けたいからね」

   トランプ反対派の私の友人たちも、トランプ支持者と政治の話はしたくない、ときっぱり言う。

   「就任式は見たくないから、ジムでズンバを踊っている」と私に話した女性が、別れ際にしみじみと語った。

「絶望感を抱いている人がアメリカにこれほどいるのに、これまで私が気づきもしなかったということにショックを受けたわ。『私が耐えられるレベルの共和党支持者』が書いた新聞記事を、友人みんなにメールしたところよ」

   大統領就任式前後に多くの人の声に耳を傾け、両者の間には深い溝があることを、改めて痛切に感じた。

   それだけに、トランプを激しく非難しながらも、彼を支持した人たちを理解しようとする彼女のこの言葉に、私は何か救われる思いがした。

   次回は、トランプを支持する友人と見た大統領就任式について報告する予定。(敬称略)

   ◇

   ドナルド・トランプ氏(70)が第45代大統領に就任したアメリカ合衆国。ニューヨークを中心に米国で暮らしてきた作家でエッセイストの岡田光世さんが、 「トランプのアメリカ」で暮らす人々の思いを報告します。(随時掲載)


++ 岡田光世プロフィール
岡田光世(おかだ みつよ) 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計35万部を超え、2016年12月にシリーズ第7弾となる「ニューヨークの魔法の約束」を出版した。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。


  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中