2018年 8月 18日 (土)

日経新聞がAIで決算記事作成 人の手借りず完全自動化

印刷

   日本経済新聞社(東京都千代田区)は2017年1月25日、人工知能(AI)を使って決算の要点を自動で文章化する「決算サマリー」サービスを始めた。決算公表後、数分で売上高や利益などのデータをまとめ、「日本経済新聞 電子版」や「日経テレコン」に配信する。

   国内の上場企業およそ3600社の大半に対応し、文章作成から配信までシステムが完全自動で実施。人によるチェックや修正などは行わないという。

   同プロジェクトは、日本経済新聞社が言語理解研究所(ILU)と東京大学の松尾豊特任教授研究室と共同で開発した。当面はベータ版として運用し、今後も機能の強化や改善などに取り組むとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中