バスケのザック・バランスキー選手に突如脚光 「すごくいい名前の選手がいた」

印刷

   プロバスケットボールチーム「アルバルク東京」に所属するザック・バランスキー選手(24)が、その名前のユニークさからネットで注目されている。

   同チームの選手紹介チラシが大拡散。本人もツイッターで「名前で得してんのかな」「(親は)狙って名付けたわけではない」と反応している。

  • 突如注目を浴びたワケ(画像はアルバルク東京の公式サイトより)
    突如注目を浴びたワケ(画像はアルバルク東京の公式サイトより)

最近食べた食事で一番美味しかったのは「納豆ごはん」

   きっかけは17年1月26日朝に投稿された、こんなツイートだった。

「息子が小学校からもらってきたプロバスケチームのチラシに、すごくいい名前の選手がいた」

   ツイート主は、アルバルク東京の選手紹介チラシを添えて投稿。写真はザック・バランスキー選手にフォーカスしたものだった。このツイートは同日18時までに1万2000回近くリツイートされている。

「ヤバい、爆笑!」
「名前、狙って付けてあるのかな?」
「わざとつけたんじゃないか」

と今なお多くの声が寄せられている。日本語の「ざっくばらん」(広辞苑によると「心中をさらけ出して隠さないさま。遠慮がないさま」)などを連想する人が多いようだ。

   これにバランスキー選手本人も反応した。17時ごろ、ツイッターで

「なんかすごいRT(編注:リツイート)されてる笑 名前で得してんのかな」

と一言。親は日本語を話せないと明かし、

「狙って名付けたわけではありません。笑」

とことわった。

   ちなみに、過去のツイートもほとんどが日本語。16年8月2日には「最近食べた食事の中で1番美味しかったのはこの間の朝食で目玉焼きとお肉と納豆ごはんだった」とツイートしている。

   アルバルク東京の公式サイトによると、バランスキー選手は1992年に長野県で生まれ、その後東海大学に進んだ。国籍はアメリカ。好きな女性タレントは夏菜さんだという。

   バスケットボール専門メディア「バスケット・カウント」の記事(16年11月10日公開)によると、4歳の時に一時帰国したものの10歳から再び日本に移り住み、以来日本で育ったという。日本暮らしが長いこともあり、流暢に日本語をしゃべれるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中