2020年 7月 2日 (木)

水原希子「日本人的な部分ある」 この発言が波紋広げたワケ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「自分が思っている以上に日本人的な部分はある」――モデルで女優の水原希子さん(26)の、そんな「日本人的」をアピールする発言がネットで波紋を広げている。

   水原さんは昨年、「米国人の父と在日韓国人の母を持っている」と出自を明かし、中国がらみの「炎上」を切り抜けたばかりだ。それだけに、今度は「日本人的な部分ある」と強調したことに、違和感を持つ人がいるようなのだ。

  • 日本暮らしは20年以上にもなるが…(写真は水原さん。15年12月撮影)
    日本暮らしは20年以上にもなるが…(写真は水原さん。15年12月撮影)
  • 日本暮らしは20年以上にもなるが…(写真は水原さん。15年12月撮影)

日本で育ち、日本語も堪能

   「日本人アピール」が飛び出したのは17年1月17日。この日、東京都内で行われた英会話スクールの新CM発表会に出演した水原さんは、

「生まれたのはアメリカだけど、日本の学校に通っていた」

と告白。アメリカ人は「自己アピール」が激しいと分析し、

「(私は)どうしてもシャイになってしまう部分があって、日本に住んでいるからこそ、遠慮みたいなものが自分の性格に合っている。意外と自分が思っている以上に日本人的な部分はあるのだなと感じました」

と語った。

   水原さんの本名は「オードリー・希子・ダニエル」。アメリカ人の父親、在日韓国人の母親のもとに生まれた。日本人の血は流れていないものの、2歳から日本に住み、日本語は堪能だ。「日本人的な部分ある」というアピールも問題ないように思える。

   しかし、発言が報じられると、ツイッターでは

「それを言える図太さに乾杯」
「やることが中途半端」
「本当に図々しい」

と、なぜか批判的な投稿が相次いだのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中