2018年 7月 19日 (木)

グーグル新機能の珍翻訳に大爆笑 東急ハンズが「東急手」に

印刷

   グーグルがスマートフォン向けに提供している翻訳アプリの新機能に「ハマる」人が続出している。スマホで撮影した映像の文字の部分が翻訳される機能で、「近未来感」があると評判だ。

   ただ、翻訳精度は「イマイチ」のようで、ツイッター上では「珍翻訳」の報告が相次いでいる。

  • J-CASTのイメージキャラクター「カス丸」のクリアファイルでも試した。「KASUMARU」の部分は「KASUマル」になり、眉毛の部分は「うんち」になった
    J-CASTのイメージキャラクター「カス丸」のクリアファイルでも試した。「KASUMARU」の部分は「KASUマル」になり、眉毛の部分は「うんち」になった
  • J-CASTのロゴは「キャス」に化けた
    J-CASTのロゴは「キャス」に化けた

「銀行」「地図」の正体は...?

   新機能は2017年1月24日のアップデートで追加された「リアルタイムカメラ翻訳」。スマホのカメラを通して、目の前にあるものがリアルタイムに翻訳される仕組みで、25日夕方ごろから、ツイッターで

「眼の視覚情報を書き換えられている感覚」
「近未来感がある」

といった声が相次いだ。

   「珍翻訳」も続々に報告されている。「LINE」のロゴを読み込ませると「線」になり、東急ハンズのロゴは「東急手」に。ビールテイスト飲料の「ALL-FREE」は「すべて-無料」だ。「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ」のパッケージは、「完全な佐賀」に化けた。

   家電メーカーのロゴが多数印刷された、ビックカメラの手提げ袋を翻訳にかけた人もいた。翻訳後に出現した「銀行」「地図」といった文字は、元々の映像を確認するとソフトバンクやソフマップだった。

カス丸、眉毛の部分が何故か...

   J-CAST関連でも試してみた。J-CASTのイメージキャラクター「カス丸」をデザインしたクリアファイルを読み込ませてみると、「KASUMARU」の文字の部分は「お尻マル」や「KASUマル」「KのようにUマル」に。なぜか眉毛の部分が、文字ではないのに「うんち」になってしまった。J-CASTのロゴは「キャス」になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中