心臓移植の希望患者2人を後回し 臓器ネット、システム不具合で謝罪

印刷

   臓器移植の仲介を行う公益社団法人・日本臓器移植ネットワークは2017年1月27日、心臓移植を希望する患者(レシピエント)の選定にミスがあり、本来先に提供を受けるべき患者2人が後回しになっていたと発表した。心臓移植の患者選定をめぐるミスは初めて。

   発表によると、選定ミスの原因は16年10月に導入された「新レシピエント検索システム」の不具合で、脳死による臓器提供の3事例で、誤った順番で移植希望登録者に移植が行われていた。

   同法人は「ただちに厚生労働省にミスを報告」したとして、その後同省から受け取った、新システムの利用中止などが指示された文書も公表した。

   同法人はシステム導入前の14年11月と15年3月にも、臓器提供のミスを起こしていた。今回の発表では、「死後の臓器提供のあっせん手続きを担う唯一の団体として、移植患者及び関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛けしましたこと、そしてまた社会の信頼を損なう事態となりましたことを深くお詫び申し上げるとともに、今後一層の信頼回復に努めて参ります」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中