2018年 9月 19日 (水)

水俣病の治療法開発につながるか メチル水銀中毒のメカニズム解明

印刷

   水俣病の原因として知られるメチル水銀中毒で脳障害が起きるメカニズムを解明したと、新潟大学脳研究所が2017年1月25日に発表した。

   水俣病の詳細な病態解明と治療法開発につながる発見だとしている。

小脳や後頭葉に、ある物質が強く発現

   発表資料によると、メチル水銀中毒は小脳や後頭葉を侵し、ふらついたり視野が狭まったりといった障害を引き起こすが、そのメカニズムは不明だった。

   研究グループは、ラットにメチル水銀を投与して中毒を起こさせる実験を行った。その結果、小脳や後頭葉で「血管内皮増殖因子(VEGF)」という物質が強く発現し、脳血管を破綻させ、神経障害を生じさせることが分かった。VEGFの作用を中和させる抗体をラットに投与すると、障害に一部改善が見られた。

   詳細な研究成果は、米科学誌「PLOS ONE」ウェブ版で日本時間1月25日に論文が掲載された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中