溶解した核燃料か 福島第1原発2号機に「黒い塊」

印刷

   2017年1月30日、東京電力が朝から再開していた福島第1原発2号機の調査で、原子炉の下に黒い塊が確認された、とNHKや産経新聞(電子版)などが同日、報じた。溶解した核燃料が固まった「燃料デブリ」を初めて確認できた可能性があり、今後はロボットを使い、更に詳細な調査を行うという。

   東電は30日午後、問題の写真と映像を公開した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中