カセットボンベ500万本を回収 日本瓦斯の15製品が対象

印刷

   日本瓦斯(東京都渋谷区)は、同社が2011年12月から現在まで製造・販売した卓上コンロ用カセットボンベを自主回収することを17年1月30日、発表した。内部部品の不具合により、コンロにセットした際にガスが漏れる可能性があることが判明したという。事故を未然に防止するため、500万本を目標に回収を開始する。

   日本瓦斯の発表によると、「RF」、「ジョイファイヤー」「JOY」、「ハローズ」などが名前に含まれる15製品が回収の対象となっている。また、「充填 日本瓦斯株式会社」の表記のあるOEM商品に関しても回収を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中