ニフティの個人向け事業がノジマ傘下に

印刷

   富士通は、子会社のニフティの再編を2017年1月31日発表した。ニフティの個人向け事業は分社化した後、全株式を250億円で家電量販店のノジマへ譲渡し、クラウドを中心とした法人向け事業は富士通の傘下に残す。

   インターネット接続を中心とした個人向け事業は、ノジマが自らの実店舗網や営業力を活かしつつ、引き続き事業を展開、ノジマグループ内のIoT領域の中核企業として活動するとしている。会社名はニフティのまま。

   クラウドを中心とする法人向け事業は、4月1日に富士通クラウドテクノロジーズ株式会社となり、クラウド事業基盤の強化・拡大を図るとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中