2018年 8月 16日 (木)

最高裁、逮捕歴の検索結果の削除について初めて基準示す

印刷

   インターネットの検索サイトで自分の名前を入力すると、逮捕歴に関する情報が表示される男性がその検索結果の削除を求めた仮処分申請について、最高裁判所第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は2017年1月31日付で、男性の抗告を棄却する決定をした。各メディアが報じた。

   最高裁は、情報提供の自由より個人のプライバシー保護が明らかに優先される場合は削除を認めるという初の基準を示した。

   男性は2011年に児童買春の疑いで逮捕されており、インターネットで検索すると当時の記事などが表示されることから、グーグルに削除を求める仮処分を申し立てていた。決定では、男性の逮捕歴はいまも公共の利害に関することとして削除を認めなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中