2018年 10月 16日 (火)

最高裁、逮捕歴の検索結果の削除について初めて基準示す

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   インターネットの検索サイトで自分の名前を入力すると、逮捕歴に関する情報が表示される男性がその検索結果の削除を求めた仮処分申請について、最高裁判所第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は2017年1月31日付で、男性の抗告を棄却する決定をした。各メディアが報じた。

   最高裁は、情報提供の自由より個人のプライバシー保護が明らかに優先される場合は削除を認めるという初の基準を示した。

   男性は2011年に児童買春の疑いで逮捕されており、インターネットで検索すると当時の記事などが表示されることから、グーグルに削除を求める仮処分を申し立てていた。決定では、男性の逮捕歴はいまも公共の利害に関することとして削除を認めなかった。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...