三菱航空機の森本社長、3月退任 「MRJ延期」渦中の新人事

印刷

   三菱航空機は2017年2月2日、森本浩通社長(62)が3月31日付で退任し、後任に4月1日付で、親会社である三菱重工業・常務執行役員の水谷久和氏(65)を充てる人事を発表した。

   開発中の国産初のジェット旅客機「MRJ」の航空会社への納入開始は、当初予定の2013年から大幅に遅れ、2020年半ばになる見込み。納期の延期は5回に及び、当初予定から約7年も遅れることになる。

   水谷氏は、1975年に三菱重工に入社。2010年4月から執行役員。航空宇宙事業本部で副事業本部長、14年4月からは防衛・宇宙ドメイン長に就任した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中