2018年 10月 20日 (土)

ダウン症の「国内初」学術団体 当事者・支援者・専門家が連携

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ダウン症の当事者、支援者、専門家が連携した国内初の学術団体「日本ダウン症会議」が2017年2月1日、発足した。

   これまでダウン症をめぐる社会的な活動は主に当事者団体の「日本ダウン症協会」が担ってきたが、専門家団体である日本ダウン症療育研究会、日本発達障害学会の協力を得て専門家も加わる新組織を作り、幅広い分野での情報の共有と啓発活動を目指す。

医療、福祉の専門職にも実像が伝わっていない

   日本ダウン症協会の発表資料によると、ダウン症は染色体の異常によって起こり、知的な発達が通常よりゆっくり進むなどの特性がある。ダウン症の人の中には、芸術やスポーツなど様々な分野で活躍する人が次々と現れる一方、出生前検査・診断の広がりで、議論の矢面に立つことがあり、福祉や教育で転機を迎えている。国内に専門の学会がなく、療育や医療、福祉の専門職の間にも実像が伝わっていない。情報を共有する仕組みもなかった。協会だけの活動では限界を感じ、広く専門家の協力を得る必要性を感じていたという。

   2017年11月11~12日には初の大会を東京都内で開き、出生前診断をテーマとした公開講座などを予定している。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...