稲田防衛相、マティス米国防長官と「日米の連携を確認」 

印刷

   稲田朋美防衛大臣は2017年2月4日午前、アメリカ・トランプ政権の閣僚として初めて来日したアメリカのジェームズ・マティス国防長官と会談した。

   会談後の記者会見で、稲田氏は「日米同盟がわが国とアジア太平洋地域の平和と安定の確保のために重要であること。同盟の抑止力、対処力をいっそう強化すべく日米が連携していくことを確認した」と述べた。

   マティス長官も、日米同盟関係は高い重要性を持つとし、尖閣諸島に対しては「日米安保条約の第5条が適用されるとはっきり申し上げた」と述べた。

   マティス長官は、3日に安倍晋三首相を表敬訪問し、尖閣諸島の安保条約適用について、同様の発言をしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中