2018年 8月 15日 (水)

稲田防衛相、マティス米国防長官と「日米の連携を確認」 

印刷

   稲田朋美防衛大臣は2017年2月4日午前、アメリカ・トランプ政権の閣僚として初めて来日したアメリカのジェームズ・マティス国防長官と会談した。

   会談後の記者会見で、稲田氏は「日米同盟がわが国とアジア太平洋地域の平和と安定の確保のために重要であること。同盟の抑止力、対処力をいっそう強化すべく日米が連携していくことを確認した」と述べた。

   マティス長官も、日米同盟関係は高い重要性を持つとし、尖閣諸島に対しては「日米安保条約の第5条が適用されるとはっきり申し上げた」と述べた。

   マティス長官は、3日に安倍晋三首相を表敬訪問し、尖閣諸島の安保条約適用について、同様の発言をしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中