2018年 7月 21日 (土)

米連邦控訴裁、米政府の訴えを却下 「入国禁止」は失効のまま

印刷

   米連邦控訴裁判所は2017年2月4日(日本時間5日)、米国司法省が同日、中東・アフリカの7か国からの渡航などを制限する大統領令を差し止めた連邦地方裁判所の仮処分命令を取り消すよう求めて控訴した訴えを棄却した。

   これにより、大統領令は効力が失われたままの状態となる。米ホワイトハウスは連邦最高裁判所に上訴する意向とみられ、混乱が長引きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中