松山英樹、米ツアー4勝目 丸山茂樹抜き日本男子最多に

印刷

   男子ゴルフの松山英樹選手(24)が2017年2月5日(日本時間6日)、米アリゾナ州のTPCスコッツデールで行われたフェニックス・オープンを制し、大会連覇を果たした。米ツアー通算4勝目で、優勝回数は丸山茂樹選手の3勝を抜き、日本人男子で単独最多となった。

   首位と4打差の3位からスタートした松山はこの日、ボギーなしの1イーグル、3バーディーの66で回った。通算17アンダーとなり、ウェブ・シンプソン(米)とのプレーオフへ。4ホール目でバーディーパットを奪い、勝利をもぎ取った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中