2018年 7月 18日 (水)

モデル・アイドル勧誘の27%、性的行為の撮影要求被害

印刷

   内閣府は2017年2月8日、「女性に対する暴力に関する専門調査会」を開き、若年層を対象とした暴力の被害等について明らかにした。インターネット調査の結果、モデルやアイドルに勧誘された若い女性のうち27%が、契約外の性的な行為などの撮影を求められた経験があると回答した。

   調査は16年12月、15歳から39歳の女性2万人を対象に実施された。モデルやアイドルに勧誘されたり、広告を見て応募したりしたことがあると答えたのは2575人。そのうち実際に契約に至った197人に詳細を問うと、53人が「契約時に聞いていない、あるいは同意していない性的な行為の写真や動画の撮影に応じるよう求められた経験がある」と回答し、さらにこの中の17人は「求められた行為を実際に行った」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中