2018年 10月 16日 (火)

福島2号機、過去最高値の推定650シーベルト ロボット作業を断念

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京電力は2017年2月9日、福島第1原発2号機の格納容器内に投入した自走式の堆積物除去ロボットで撮影した画像を分析した結果、内部の空間放射線量が毎時650シーベルトと推定されると発表した。同月2日のカメラ調査で推定した毎時530シーベルトを上回った。

   ロボットは、カメラが見えづらくなったため、監視不能となる前に装置を回収し作業を終了した。堆積物のため、走行できない個所もあったという。「本日の結果及びモックアップの結果を踏まえて、自走式調査装置による調査の実施可否を含めて検討する」としている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...