エビ中「りななん」ソロ歌声がラジオに 「泣ける。ほんとに...」

印刷

   8人組女性アイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」の冠ラジオ番組「私立恵比寿中学放送部」(文化放送)は2017年2月10日、番組内容を大きく変更して放送された。メンバーの松野莉奈さんが8日未明、「致死性不整脈の疑い」で急逝してから初めての放送だった。

   約30分間の放送では淡々とエビ中の楽曲が流された。メンバーの現在の声を聞くことはできなかったが、中には松野さんのソロパートを含む曲も選ばれ、ファンは何を思っただろうか。

  • 松野莉奈さん(2014年12月撮影)
    松野莉奈さん(2014年12月撮影)

文化放送「私立恵比寿中学放送部」は急逝に触れず

   番組公式サイトには放送前、次のアナウンスが流れた。

「本日(2月10日)放送予定の『私立恵比寿中学放送部』は通常放送と内容を変更して放送させていただきます。ご了承ください」

   放送が始まると、八木菜緒アナウンサー(30)が

「本日の『私立恵比寿中学放送部』はいつもの放送と内容を変更させていただき、私立恵比寿中学の楽曲を中心にお送りしていきます。それではまずはこちらの曲からお聞きください」

と淡々と述べ、すぐにエビ中の楽曲「頑張ってる途中」が流れた。続けて「フユコイ」「手をつなごう」「約束」「イッショウトモダチ」「まっすぐ」と全6曲が放送された。

   松野さんが1人で歌うパートがある「頑張ってる途中」の最中には、

「頑張ってる途中流れてるけど りななんのソロパートやばい... 泣ける。ほんとに、、 受け入れたくないわ...」

と悲しみの声が出ていた。さらに、選ばれた曲がいずれも前向きな内容の歌詞だったため、ユーザーは放送中、徐々にやりきれない感情を吐露していった。

「選曲つらい泣く まっすぐ...」
「泣かしにきてる」
「選曲がなんていうかなんて言えばいいかわからない。曲だけでも苦しい」
「歌詞ひとつひとつが胸に響いてもうとまらなかった」

「少しずつだけどエビ中の曲聴けるようになってきた...」

   ツイッターの投稿を見る限り、松野さんの急逝以来、悲しみのあまりエビ中の曲を聞くことができていなかったファンは多い。そんな中、ラジオはスタジオ音源をひたすら流すという構成だったため、こんな声も数多く出ていた。

「凍りついた時間がやっと動き出した」
「少しずつだけどエビ中の曲聴けるようになってきた...」
「8日以降初めてエビ中の曲聞けました」
「明日から少しずつ、エビ中の歌を聴いていこうかな。なんか、ラジオでエビ中の曲聴いてたら、聴きたくなってきた」

   「まっすぐ」が終わると、八木アナが「本日の『私立恵比寿中学放送部』は通常放送と内容を変更して、八木菜緒がお送りしました」と結んだ。エンディングに「また明日」が流れ、約30分間の放送は終了した。最後まで松野さんの死に触れることはなかった。

   松野さんの死因について所属事務所は10日、医師の診断結果として松野さんの死因を「致死性不整脈の疑い」と発表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中