北がミサイル発射、日本海に落下 日米をけん制する狙いか

印刷

   北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本海に落下したと、菅義偉官房長官が2017年2月12日午前に記者会見して明らかにした。

   会見や報道によると、発射時刻はこの日午前7時55分ごろで、約500キロ飛行したが、落下地点は日本の排他的経済水域ではないという。船舶などの被害は確認されていない。

   日米首脳会談に合わせて、けん制する狙いがあるとみられている。菅氏は、訪米中の安倍晋三首相に報告したとし、北朝鮮には厳重に抗議したと会見で述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中