2019年 1月 19日 (土)

モザイク画像が鮮明に! GoogleのAI開発に期待と妄想

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   米GoogleのAIシステムGoogle Brainが開発した、インターネット上にあるモザイクがかかった画像や「ぼかし」が入った画像がより鮮明になる新しい技術が話題になっている。

   人にはほとんど認識できない低解像度の不鮮明な画像を、解像度の高い、はっきりした画像に変換できるほか、画像がかけている部分を予測して再生することもできるという。

  • グーグル、画像から「モザイク」をはずせる技術を開発!(グーグルのレポートより)
    グーグル、画像から「モザイク」をはずせる技術を開発!(グーグルのレポートより)

人間が認識できない「ぼかし」を再現

   Googleの人工知能(AI)システムGoogle Brainの開発チームは、論文「Pixel Recursive Super Resolution」を、2017年2月2日に発表した。テレビやインターネット上にある画像、映像にはピンぼけしていたり、モザイクなどの「ぼかし」処理していたりするものが少なくない。

   それらはプライバシーや肖像権、著作権などの保護を目的としている場合が多く、たとえば、防犯上の対策として場所を特定されないように、対象者以外の画面全体にモザイクをかけたり、店の看板やクルマのナンバープレート、画像に写り込んでしまった通行人の顔など、見ている人が不愉快にならないよう配慮して伏せたりする。

   また、アダルトビデオなどでは、卑猥な場面を隠すときに使われている。

   Google Brainが開発したAIシステムは、人には何が写っているかほとんど認識できないようなモザイクがかかったレベルの解像度の低い画像から、かなり鮮明な元の画像を推測、再現することができるという。

   AIシステムは「コンディショニング・ネットワーク」と「プライヤー・ネットワーク」の2種類で構成される。

   「コンディショニング・ネットワーク」は低解像度の画像を、データベースにある高解像度の画像群と比較することで、似たような画像の色やパターンを認識するという。

   「プライヤー・ネットワーク」は、欠けている画像を追加するシステムで、たとえば肌色であれば肌色のピクセル、ピンク色であれば唇と判断して自動的にピクセルを予測して埋めていく。

   論文では、有名人の顔や寝室の写真を使って、モザイクのような8×8ピクセルの「ぼやけた」画像が、Google Brainの技術で生成され、32×32ピクセルの画像へと鮮明になっていく過程が示されている。

「すごいわ、これ。7、8割は復元されとる」

   Google Brainの発表によると、何も知らない人々に、Google Brainによる画像と解像度を同じにした実際の写真を見せて、「どちらがカメラによって撮影されたものだと思うか」聞いたところ、有名人の顔については10%の人がGoogle Brainの写真を選び、寝室の写真では28%がGoogle Brainの写真のほうがリアルだと答えたというから、かなりのハイレベルで「復元」できるようだ。

   解像度が上げることができれば、たとえば街や店舗に備え付けられた防犯カメラやドライブレコーダーなどの精度が上がるため、防犯に応用できる可能性がある。

   その半面、個人が特定できないように伏せていた情報が、興味半分で勝手に暴かれてSNSなどでさらされてしまう可能性や、モザイク処理が外された、無修正のアダルトビデオが大量に出回る可能性もある。

   インターネットの掲示板などには、

「すごいわ、これ。7、8割は復元されとる」
「防犯ビデオの荒い画質を補正するとか、実際役にたつんかね?」
「これはグッジョブ! ニュースで証言してる怪しげなヤツが誰かわかるわ」
「刑事ドラマの科捜研や鑑識さんもびっくりやな」

など、肯定的にとらえる声がある一方、

「科学の進歩はいつの時代もエロが原動力だなwww」
「えっちな事しか思いつかなかった・・・」
「モザイク=エロと考えるのは世界中で日本ぐらいw」
「モザイク除去装置がついに実用化されるのですね!」

など、妄想も入り混じっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中