150万円の「おごり」、やっぱり「いじめ」でした 横浜市教委が一転して認定

印刷

   横浜市教育委員会の岡田優子教育長は、2017年2月13日、福島第1原発の事故で横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒をめぐる多額の金銭授受について、これまでの見解から一転して、いじめと認定すると発表した。

   これまでは、他の生徒が「おごってもらった」と主張しているなどとして、「いじめと認定するのは困難」との見方を示していた。今回は、第三者委員会の答申などを踏まえて、金銭授受をいじめと認定する、と説明した。男子生徒は、総額150万円に上る金銭を払わされていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中